モビット審査において最も重要なこと。

それは総量規制に抵触しないかどうかという点です。

総量規制について詳しく見る

モビット審査について詳しく解説

モビットはカードローン及びキャッシングの審査基準はもちろん審査項目を公表してはいません。

これは他のカードローンやキャッシングも同様で、それらの審査項目や基準を明らかにしている金融機関は存在していません。

ただし、細かい審査項目は変わっても、カードローンやキャッシングの借入審査は「与信スコアリング」という仕組みによって決まっています。

モビット審査について詳しく見る

モビットの在籍確認

モビットの最大の長所はこの在籍確認にあると言って良いでしょう。

カードローンやキャッシングを利用する際に必ず必要となるのが在籍確認の存在です。

在籍確認というのは、借入申し込み者が申し込み書に記載した内容が正しいのかどうかを判断する業務のことで、実際に職場に電話連絡をして本当にその職場に在籍しているのかどうかを確認する行為のことを言います。

モビットの在籍確認について詳しく見る

モビットの増額審査

モビットの公式ホームページには「利用限度額の増額を希望のお客様は、別途審査が必要になります」という記載がありますが、具体的にはどのようにすれば増額審査に通過する可能性が高くなるのでしょう?

モビットの増額審査について詳しく見る

 

モビットのメリットとデメリットについて詳しく解説!

 

どんなに優れたサービスにも長所と短所、メリットとデメリットがあるものです。

モビットのメリットとデメリットを見ていきましょう。

モビットのデメリットについて詳しく見る

次にメリットを見てみましょう。

モビットのメリットについて詳しく見る

 

モビットの返済

カードローンやキャッシングを利用する際、借入について知っておくのも勿論重要ですが、それ以上に重要なのが返済について知っておくことだと言えます。

モビットを利用する際には、返済のことも考えて、計画的に利用をしましょう。

モビットの返済について詳しく見る

モビットの解約方法

意外と知られていないのがモビットをはじめとしたカードローンの解約についてです。

今回はモビットの解約について解説いたします。

モビットの解約について詳しく見る

モビットの口コミ

*あくまでも個人の感想です。

モビットのキャッシングは自宅に郵送物が届かず、また職場への電話確認が無しで契約できるという情報を得ていたので、申し込みをしました。事前にモビットの公式サイトで確認すると三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行の口座が必要ということで、どちらの銀行の口座もなかった私は急いで三井住友銀行に口座開設をしました。
他には本人確認書類と収入証明書、会社から発行されている健康保険証に最新の給与明細書が必要でした。
これらの書類を揃えていざスマホを使って申し込みを行い、無事にキャッシング契約ができました。確かに審査の過程で職場には電話がかかってきませんでしたし、書類はアプリから提出できたのが便利でした。
申し込みから1週間かからずに契約できたことも良かったです。
モビット口コミをもっと見る